太るのよりも、オヤジ臭よりも、まずはハゲを治したい。

AGA(Androgenetic Alopecia)治療とは?

AGAは男性型脱毛症という毛髪サイクルの乱れによる薄毛や抜け毛などが起こってしまう病気の症状です。

健康な頭髪環境の場合、毛髪サイクルには髪が伸びる成長期と髪が抜けてしまう退行期、髪が生える準備をする休止期というサイクルを定期的に繰り返しています。

ところがAGAの場合、毛髪サイクルが正常に行われないため、髪の成長期の期間が極端に短く、十分な成長を待たずに髪が抜け落ちてしまい、薄毛や抜け毛の状態が続くので脱毛症状が続いてしまいます。
こうした毛髪サイクルの乱れを正常化させるには、AGA治療が有効です。

AGA治療は現在のところ、現状を維持するか、男性型脱毛症の進行を遅らせること、AGA治療薬を服用してAGAの原因でもある男性ホルモンでもあるジヒドロテストステロン(DHT)が生成されないようにするための治療薬を服用することです。

フィナステリド

治療薬にはプロペシアなどのフィナステリドがあるのですが、この薬は男性型脱毛症を発症してからずっと飲み続けなければなりません。
AGA治療薬は、男性型脱毛症の原因を直接治すのではなく、男性型脱毛症の原因である5αリダクターゼの働きを抑制する働きによって、脱毛症を改善させていくものです。
そのため効果が現れるまで、AGA治療薬を飲み続けなければなりませんし、AGAが改善された後も、5αリダクターゼの働きを抑制し続けなければなりませんので、治療薬を途中で止めてしまうと再び5αリダクターゼが産生されてしまうため、男性型脱毛症になってしまうケースもあります。

プロペシア

治療薬には、フィナステリドという有効成分を含んだプロペシアがあります。
フィナステリドという成分には、ジヒドロテストステロンという男性ホルモンを産生する5αリダクターゼの働きを阻害する働きがありますので、男性型脱毛症の原因を取り除くことが出来るため、AGAを改善させていくことが出来ます。
フィナステリド錠は2015年に日本国内でプロペシアのジェネリック医薬品として販売されたAGA治療薬です。

新薬ですので、医療機関によっては取り扱いをしているところと、取り扱いをしていないところがあります。
AGA治療には、AGA治療薬を服用する方法以外にも、頭皮に成長因子を直接注射して男性型脱毛症を改善する方法があります。

美容外科では最新のAGA治療として育毛効果のある成長因子を直接頭皮に注射をして注入する育毛セラピーも行われていますので、これまでAGA治療薬を服用するだけでは全く効果がなかったという方は試してみるとよいかもしれません。

成長因子注入法のメリットは、治療薬を服用した場合は発毛するまでにかなりの時間を要しますが、発毛効果を早い段階で確認することが出来るということです。
出来るだけ早く脱毛の悩みを解消したいという方には、成長因子注入法は画期的な治療法だといえます。

成長因子を直接頭皮に注射


男性型脱毛症は、正常な毛髪サイクルの乱れによって生じます。
その毛髪サイクルの乱れの原因は5αリダクターゼにありますが、頭皮に直接成長因子を注射することによって毛母細胞がしっかり働きますので、正常な毛髪サイクルに戻すことが出来るでしょう。
AGA治療薬は服用し体内に成分を取り入れますが、成長因子を直接頭皮に注射することによって毛母細胞や毛乳頭に毛髪成長因子や細胞増殖因子を与えることが出来るため、高い発毛効果を得られることが出来ます。

注入方法には、注射針を使って注入する方法や、レーザーで頭皮に穴を開けて注入する方法、細い針がたくさんついたローラーで頭皮に穴を開けて、成分を注入する方法や炭酸ガスの噴射による圧力を利用して、頭皮に薬剤を浸透させる方法などがあります。
施術方法によっては痛みを伴う場合もあるようですが、最近では技術が進歩し針や電圧などを使わずに成分を頭皮に浸透させる施術方法も出てきました。

施術医療機関によって様々な方法が行われていますので、治療を行うときはどのような施術方法で行うのか、痛みがあるのか、治療効果はどのくらいなのかなどをしっかり調べてから行うとよいでしょう。
ただ成長因子注入療法は、AGA治療薬よりも治療費が高額になってしまうのがデメリットです。
AGA専門クリニックの場合、より高い効果を出すためにAGA治療薬の服用と同時に成長因子治療を取り入れているところも多くあります。

早い段階で治療をスタートがカギ

男性型脱毛症の治療は脱毛の症状がかなり進行してから行うよりも、早い段階で治療をスタートした方がより効果的です。
また年を追うごとに毛母細胞や毛乳頭の働きも弱くなってきますので毛髪再生因子が減少していきます。
そのため年齢の若い方の方、男性型脱毛症の症状が軽い方の方がAGA治療の効果が出やすいといえるでしょう。

男性型脱毛症の症状が軽いものであれば、治療を始めれば数か月後に育毛効果などを実感しやすいのですが、男性型脱毛症の症状がかなり進行していると、治療時間も長くなりますし、効果が出てくるまでに時間もかかります。
これまで男性型脱毛症の治療は、AGA治療薬を服用するのみでしたが、現在は治療技術もかなり進歩をしてきました。

皮膚科や内科などでも治療薬の処方を行っていますが、薬を服用するだけですので本格的な治療だとはいえません。

男性型脱毛症を本気で治したいというのであれば、やはりAGA治療を専門的に行っている医療機関で治療を行った方が悩みを解消することができるといえます。
男性型脱毛症が遺伝的なものであるかについても、遺伝子検査や血液検査で調べることが出来ますし、頭皮の状況についても電子顕微鏡などを使ってきちんと検査を行ってもらうことも出来るでしょう。
また治療方法についても患者一人一人の状態や発毛状態などを調べて、患者に合う治療を行ってもらうことが出来ますので、AGA治療を専門に行っている医療機関の方が優れています。
最新の成長因子を頭皮に注入する方法は美容外科が得意としていますので、美容外科で最新治療を受けることも可能です。
発毛率を上げるためには、AGA治療薬の服用と同時に成長因子注入法を同時に行うとさらに効果的ですので、二つの治療法を取り入れたAGA専門治療を行っている医療機関で治療を行った方がよいでしょう。

ALLAGAのお薦めAGA治療クリニックを口コミから探す!

AGA治療クリニックを口コミから探す!

AGA治療クリニック一覧
ウィルAGAクリニックTOMクリニックABCクリニック
ReGrowth
KM新宿・銀座クリニック
新宿AGAメディカルケアクリニック
G.グリーンクリニックAGAスキンクリニック大宮中央クリニック
秋葉原中央クリニックアイランドタワークリニック
福岡博多駅前通中央クリニック
鹿児島三井中央クリニック
髪のクリニックSeed水戸中央クリニック
ゴリラクリニック静岡中央クリニック
横浜中央クリニック四谷ローズクリニック
銀座総合美容クリニック川崎中央クリニック
恵比寿美容クリニック湘南美容クリニック

AGAの主な原因を徹底解明

ジヒドロテストステロン、5α-リラグダーゼ

男性型脱毛症の主な原因は、ジヒドロテストステロンという男性ホルモンの分泌によるもので、5α-リラグダーゼという酵素を分泌させてしまうことにあります。
5α-リラグダーゼは髪の発毛を抑制させる働きがあるため、髪が脱毛し抜け毛が多くなってしまうことから、薄毛や脱毛の症状を進行させていきますので、AGAの診断を行う時に遺伝子検査や血液検査を行い調査を行い判断を行います。

ちなみに5α-リラグダーゼには1型と2型があるのですが、2型の方がより強力な男性ホルモンを生成させる作用がありますのでよりAGAになりやすいといえるでしょう。
AGAの原因となる5α-リラグダーゼなら、なくなってしまった方がいいのではないかと思われる方もいらっしゃるかもしれませんが、このホルモンは男性ホルモンをより強力にする変換作用がある酵素ですので、体に必要なものだといえるのです。
男性ホルモンでもあるテストステロンは男性にとって大切な働きがあるホルモンです。
強い筋肉や骨を生成し、精子の生成、性欲を上昇させることが出来る働きがあります。
さらに5α-リラグダーゼはテストステロンの働きを補助するものであるため、健全な男性の肉体を作り上げるためには必要不可欠なホルモンです。
5α-リラグダーゼは優性遺伝子なのですが、男性型脱毛症の原因となってしまうため、分泌量が多すぎてしまうと脱毛症の原因となります。

遺伝

この5α-リラグダーゼの分泌量については遺伝によって多く分泌されてしまう人もいれば、遺伝によって元々分泌量が少ない場合があります。
父方もしくは母方のどちらかが分泌量の多い活性がある遺伝子を持っていた場合、子にも遺伝子が受け継がれるため、遺伝的に男性型脱毛症の遺伝子を持っていることもあるでしょう。
自分が家系的に男性型脱毛症を発症しやすいのか、5α-リラグダーゼのタイプは1型なのか2型なのかについては、AGA治療を専門に行っている医療機関で遺伝子検査を行うことが出来ます。

また自分の5α-リラグダーゼの分泌量もどのくらいあるのかについて診断することが出来ますので、男性型脱毛症の原因を特定したい場合や、適切な治療方法を知りたいという方は遺伝子検査を行うことは大変意味があることです。
1型であるか2型であるかによって、治療方法も対策も違いがありますので是非受けておいた方がよいでしょう。

ちなみに1型の場合、全身の側頭部と後頭部の皮脂腺に5α-リラグダーゼが多く分泌しており、2型の場合、前立腺と前頭部から頭頂部の毛乳頭に5α-リラグダーゼが存在しています。

5α-リラグダーゼ 1型

1型の場合は、一般の男性と比較すると5α-リラグダーゼが皮脂腺に多く分泌しているため、どちらかというと脂性の人が多い傾向があります。
後頭部の皮脂腺に5α-リラグダーゼが多く分泌されるため、後頭部の脱毛が起こる可能性もありますが、2型に比べると脱毛の症状は比較的軽い傾向があると考えられるでしょう。

5α-リラグダーゼ 2型

2型の場合は一般男性に比べると、髭や体毛が濃い傾向があります。
前頭部や頭頂部の毛乳頭に5α-リラグダーゼが多く分泌しているため、頭の前方から頭頂部にかけての脱毛が酷い傾向があるでしょう。
毛乳頭は、髪の成長を支持したり、髪の成長に必要な栄養素や酸素を贈るなど毛髪の生命維持には必要不可欠な働きがあります。

しかし2型の場合、もともと毛乳頭に5α-リラグダーゼが分泌されてしまうため、ここから5α-リラグダーゼの働きでもある髪の成長を抑制する働きが出てしまうことによって、正常な毛髪サイクルではなくなってしまい、髪が脱毛しやすくなってしまうのです。
5α-リラグダーゼの影響を強く受けると、毛乳頭は正常な働きを行うことが出来なくなります。


健康な毛乳頭は頭皮の毛細血管から、髪の成長に必要な栄養素や酸素を受け取り、細胞分裂を繰り返しながら髪が成長していきますが、5α-リラグダーゼの影響を強く受けてしまうことにより、毛乳頭の働きも衰えてしまうため、男性型脱毛症の症状も酷くなっていきます。
さらにここで日常生活などのストレスや栄養バランスの悪い食生活、睡眠不足などが重なると頭皮の血行が悪くなってしまうため、毛乳頭の働きが悪くなり、健全な毛髪サイクルが乱れてしまうため、男性型脱毛症の症状が強く表れてしまうこともあるでしょう。
特に2型では5α-リラグダーゼの影響を強く受けているため、よりはっきりとした男性型脱毛症の症状が現れやすいといえます。

AGAの治療薬では、AGAの原因を取り除く5α-リラグダーゼを抑制することによって男性型脱毛症を改善させていくことができますので、きちんと薬を服用することが大切です。
また毛乳頭も健康な状態にしておかなければAGA治療薬の効果が現れませんので、食生活や生活習慣、ストレスのない生活を送るように心がけましょう。

治療薬を飲んでいるにも関わらずなかなか脱毛が改善されない方は自分の日常の生活を見直すとよいかもしれません。

心理的なストレス

心理的なストレスを受けると、自律神経が緊張した状態になってしまうため、頭皮への血流が悪くなってしまうので注意する必要があります。
頭皮への血流が悪くなると、髪がしっかりと太く成長するまでの抜け落ちてしまいますので出来るだけストレスのない生活を送らなければなりません。

インスタント食品やレトルト食品の摂り過ぎ

食生活では肉類を食べ過ぎると動物性脂肪分の摂取量が増えるため、血液中のコレステロールが増加し、毛乳頭への血流悪化によって抜け毛が増えます。
インスタント食品やレトルト食品の摂り過ぎも、髪にはよくありません。
タンパク質を含む良質な栄養素を取ることによってAGAを改善させていくことが出来ますので、出来るだけ普段から良質なタンパク質を摂取するようにしましょう。

過度な飲酒

他にも過度の飲酒は肝臓の働きを低下させて、髪の細胞分裂の機能を抑制します。
お酒を飲むことによって体内のタンパク質も不足させることになるため、髪にはよくありません。

喫煙習慣

喫煙習慣がある方は禁煙をしましょう。
喫煙頭皮の血管を収縮させてしまいますし、頭皮の血流が悪くなりますので、髪に十分な栄養を送ることが出来ません。

こうしたAGAの原因を一つ一つ取り除いていくことによって、育毛効果を高めていくことができますので、男性型脱毛症の症状を改善させていくことが出来るでしょう。

AGA治療開始から効果が出始めるまではどのくらい?

AGA治療をしてから、どのくらいで発毛効果が出てくるのか個人差があります。

早い方では3ヶ月から半年ぐらいで効果が現れる方もいれば1年以上かかってしまったという方もいます。

健康な方の場合の毛髪サイクルの周期は2年から6年だといわれています。
髪が発毛して抜け落ちるまでの期間が最低でも2年から6年ですので、男性型脱毛症の方の場合、かなり長い期間辛抱強く治療をし続けなければなりません。

男性型脱毛症が進行している方の場合だと、通常2年から6年の毛髪サイクルは数か月から1年で終わってしまうことがあります。
髪の毛が十分に成長期を迎える前に、抜け落ちてしまいそのまま休止期に入ってしまうこともあるでしょう。

AGAの治療薬の効果はすぐ実感できない。

AGAの治療薬の効果は服用後、すぐに現れるというものではありません。
また毛髪サイクルが検算に戻ったとしても、髪が生えるのにはかなりの時間が必要です。
人間の髪は1ヶ月に1センチぐらいしか伸びませんので6センチ伸びるまでには半年以上の時間がかかりますので、少なくとも目に見える治療効果がはっきりとわかるようになるには、半年以上はかかると思っていた方がよいです。
治療時間はAGAがかなり進行している状態の方や年配の方ほど、長くなる傾向があります。

また治療期間によっても大きく異なります。

皮膚科や内科でAGA治療を行った場合であれば、フィナステリド錠プロペシアの治療薬が処方されるのですが、この薬はAGAの原因でもある5α-リラグダーゼの働きを抑制するだけです。

AGA治療を専門に行っている医療機関ではフィナステリド錠プロペシアと一緒に、ミノキシジルという薬が処方されます。

ミノキシジルには血管を拡張して血流をよくする効果や発毛に必要な栄養素を毛母細胞に供給する効果があります。

ミノキシジル&フィナステリド錠orプロペシア

細胞分裂促進効果もありますので健康な髪を育てていくことが出来るでしょう。
この二つの薬を併用することによってより早く男性型脱毛症を改善させていくことができますので、二つの薬を処方してくれるAGA治療専門医療機関を利用した方がよいかもしれません。
フィナステリド錠かプロペシアとミノキシジルの双方を服用した場合の治療は早くても3ヶ月から6ヶ月ぐらいで現れ始めることでしょう。
男性型脱毛症の進行を遅らせる薬と、発毛効果のある薬を服用することによって、数ミリ程度の新しい髪が生えてくる可能性があります。

はっきりとした髪の量を感じるにはさらに半年から数年ぐらいはかかると考えた方が良いかもしれません。

皮膚科内科のAGA外来と専門クリニックのAGA治療の違い

現在のところ、皮膚科内科のAGA外来ではフィナステリド錠かプロペシアの単剤処方しか行っていませんので、脱毛を抑止することが出来ても発毛効果まで期待することが出来ませんので、専門クリニックでAGA治療を受けた方が、短期間で発毛させることができる可能性があります。

専門クリニックでは脱毛症の進行を遅らせる薬と発毛薬の二種類の薬を処方しAGA治療を行うため、効果もより早く実感することが出来るでしょう。
発毛効果がなかなか現れないと、治療を止めてしまいたくなってしまいますが、発毛までは個人差がありますので、AGA治療は1年から数年の間は継続された方がよいです。

大量の髪が抜け落ちる期間が1ヶ月以上

またAGA治療薬の場合、薬を服用してから2週間から1ヶ月ぐらいで初期脱毛が起き、一度に大量の髪が抜け落ちる期間が1ヶ月以上続くことがあります。
一度に大量の毛髪が抜け落ちると副作用ではないかと驚かれる方もいらっしゃると思いますが、実はこれはAGA治療薬の効果が現れているのです。

薬用成分のおかげで新しく生えてきた髪が古い髪を押し出すため、1日に300本程度の髪が抜け落ちるという現象が約1ヶ月間ぐらい続きます。
初期脱毛が起こった後は、健全な発毛サイクルに頭髪環境が改善されていきますので、1ヶ月に1センチのスピードで髪が成長していくことでしょう。
治療薬を服用している期間は健全な発毛サイクルになっていますが、髪が生えてきたからといってそこで薬を飲むのをストップしてしまうと、再び男性型脱毛症の症状が現れますので脱毛が始まることがありますので、薬はずっと服用し続けなければなりません。

男性型脱毛症を抑制するフィナステリド錠かプロペシアは服用をストップすると脱毛が再び起こってしまいますが、発毛薬のミノキシジルは満足する毛量になれば服用を止めても大丈夫です。

服用する薬も一種類になりますので、薬代も抑えることが出来るでしょう。
頭皮に直接、成長因子を注入する成長因子注入法を行った場合は、早くて半年、遅くて1年半で発毛効果を実感することが出来ます。

治療薬のみの服用だと、薄毛が気にならない状態になるまでに5年以上はかかるといわれていますが、成長因子注入法を行った場合は1年ぐらいで薄毛が気にならない状態まで回復することが出来るでしょう。
年齢や脱毛症の進行状態などで個人差がありますが、成長因子注入法と薬の治療を併用することにより、さらに発毛効果を高めることも期待できます。

またAGA治療を行う際には、日常生活も健全なものに改める必要があります。
いくら効果的な治療を行っていても、ストレスのある生活や乱れた食生活、睡眠不足の日々を送っていると頭皮の血行が悪くなってしまいますので、毛母細胞の働きが悪くなるため、発毛効果も薄れてしまうからです。

AGA治療期間中は、きちんと医師に定められた治療薬を服用し、健康的な生活をするように心がける必要があります。

短期間で発毛効果を実感したいという方はAGAの専門治療を行っている医療機関で成長因子注入法などの施術を行っている治療院を活用されるとよいでしょう。
治療院では、色々な施術方法を行っていますので、どのような方法が自分に適しているのかをよく調べて利用されるとよいです。

また自分の遺伝子のタイプをあらかじめ遺伝子検査で知っておくことによって、適切な治療を受けることが出来ますので、遺伝子検査を行っておくとよいかもしれません。
フィナステリド錠かプロペシアは特に効き目に個人差があります。
その理由は遺伝子によって効果があるかどうかが決まるからです。
そのため効果的な治療を受けるためにも自分の遺伝子タイプを調べておいた方がより確実です。

AGA治療にかかる費用相場、保険適用されるの?

AGA治療にかかる費用は治療を行う医療機関や治療内容によって大きな違いがあります。
最先端の治療を行った場合には、費用も高額になる傾向があります。

投薬治療を行った場合、脱毛抑制効果のあるフィナステリド錠かプロペシアの治療薬が使用されますし、発毛促進効果のあるミノキシジルという薬が使用されるでしょう。

皮膚科や内科で薬が処方された場合はフィナステリド錠かプロペシアの治療薬の単剤のみが処方されますが、AGA治療を専門に行っている医療機関では、フィナステリド錠かプロペシアの治療薬以外にも、発毛促進効果のあるミノキシジルも両方処方されますので、費用も高くなることを覚悟しておく必要があります。

皮膚科や内科での費用感

単剤だけが処方された場合の費用はだいたい1ヶ月、6千円から8千円前後が相場のようです。

AGA治療クリニックでの費用感

AGA治療を専門的に行っている医療クリニックでは、脱毛抑制薬と発毛促進薬の両方が処方されますので1ヶ月、1万5千円から2万円ぐらいが相場でしょう。

投薬治療での費用感

投薬治療を行った場合は、継続的に薬を服用し続けなければなりませんので、薬代も服用期間によって相当な額になることを覚悟しなければなりません。

脱毛抑止薬での費用感

脱毛抑止薬の場合は、服用を止めてしまうと再びAGAの症状が現れますので服用し続けなければなりませんが、発毛促進剤の場合、ある程度、髪の発毛効果が出てきた時点で服用を止めることが出来ますので服用を止めたらその分、薬の費用も抑えられることが出来るでしょう。

成長因子注入法での費用感

成長因子注入法でAGA治療を行った場合、医療機関によって注入する成分の内容や量、注入方法によって大きな違いがあります。
治療効果も技術力も様々ですので、自分が納得できるクリニックで行うようにした方がよいです。
費用の相場は5万円から12万円ぐらいが1回の相場です。
注入回数によっては費用がさらに高額になってしまうこともありますので、ご自分がどのくらいの予算を出せるかあらかじめよく考えてから利用された方が無難でしょう。
より高い発毛効果を得るには、成長因子注入法と同時に投薬治療を行わなければなりませんので、投薬治療の費用もさらにかかります。
成長因子注入法は痛みを伴うイメージがありますが、最近では痛みをあまり感じることがないように針を使わないで注入したり、頭皮を冷却してから注入を行う方法などが行われています。こうした施術内容によっても費用に差がある傾向があります。
成長因子注入法の費用に大きな開きがあるのは、治療薬の成分に違いがある場合や濃度や量に違いがあるからです。
AGA治療を専門で行っている医療機関を受診する前は、無料でカウンセリングを行っているところがほとんどですので、あらかじめ無料カウンセリングを受けておくとよいです。
専門のカウンセラーに相談することが出来、どのような治療方針を行っているのか、治療費用はどのくらいかかるのかについて説明を受けることが出来ますので、安心して治療を受けることが出来ます。

AGA治療の保険適用について

AGA治療は基本的に保険が適用されません。
そのため費用は全額自己負担になることを覚悟しておいた方がよいです。
ただ一部例外があり、AGA以外の病気が原因でAGAになってしまったと医師が判断した場合のみ、保険が特別に適用される場合もあります。

全身の疾患や精神的な疾患によって認められる場合もありますので、条件に該当される方は医療機関に保険が適用されるかどうかを確認されるとよいです。
一般の皮膚科や内科で治療を行った場合は、脱毛抑制剤のみが処方されますので、費用は出来るだけ安く抑えることが出来るでしょう。

しかし発毛促進剤が処方されませんので、AGA治療をしっかりと行いたいという方は皮膚科や内科で治療を行うよりは、AGA治療を専門に行うクリニックで治療を行った方がより確実な効果を得ることが期待できます。
AGA治療を専門に行っている医療機関では、治療方法や検査費用などは自由診療にあたるため費用も医療機関側が決めることになります。

そのため治療費用が高いところもあればお手頃価格で利用できるところもありますので、費用対効果がどのくらいあるのかを比較検討して、医療機関を選ぶ必要があるでしょう。

AGA治療とは長いお付き合いが重要

AGA治療は一時的なものではありません。
男性型脱毛症を改善するには長い時間と投薬費用などがかかります。

そのためある程度の費用がかかることを覚悟しておく必要があります。
投薬代を少しでも抑えるには、ジェネリック医薬品を選択すると通常の治療薬よりも安く費用を抑えることが可能です。

また脱毛抑制薬のみを手に入れたいという場合は、AGA治療を専門に行っているクリニックを利用するよりも皮膚科や内科などの一般病院で薬を処方してもらうと費用を抑えることが出来ます。

発毛促進薬を手に入れたいという場合はAGA専門治療医療機関で処方をしてもらい、脱毛抑制薬は一般の病院で処方してもらえば、さらに費用を抑えることも可能です。
AGA専門治療医療機関で治療を行うメリットは、検査や診察をきちんと行いますので、効果的な治療を受けることが出来るという点です。

デメリットは一般の病院で治療を行った場合と比べると費用がどうしても高額になってしまいます。

しかし治療経過をしっかり見てもらうことが出来ますので、もし治療が合わない場合は治療法を途中で変えることができますので、一人一人に合う治療を行うことが出来ます。
一般病院でのAGA治療のメリットは、通院回数を少なく済ませることが出来るので診察費用もそれほど高くならないということです。

またあらかじめ治療薬が脱毛抑制薬のみで決まっているため、投薬費用を安く抑えることが出来ます。
デメリットは専門治療院は、AGAの原因を遺伝子検査や血液検査などを行い、しっかり調査するのに対し、一般病院では医師の触診や目視だけで判断するので、患者に合う治療を行うことが出来ないという点です。
また発毛促進薬を処方してくれないため、本格的な発毛効果や育毛効果は期待することは出来ないという点です。

AGA治療は基本的に自由診療のため、特定の条件がなければ保険が適用されることはありません。そのため、自分がどのような治療を受けたいのかなどを考えてAGA治療を行うとよいでしょう。

AGA治療を受ける前にチェック!AGA診断チェック!


AGA治療を受ける前に、自分がAGAであるかどうかを調べるとより確実に治療効果があるかが解ります。

もし判定をせずに、治療を始めると治療薬を服用したにも関わらず、効果が全く現れなかったという場合もあります。

治療薬は高価なものですので、男性型脱毛症でないのに服用し続ければ、何の効果もありませんし、薬代も病院での通院時間なども無駄になってしまいます。
こうした無駄を省くためにもあらかじめAGAであるかどうかを検査した方がメリットが大きいといえるのではないでしょうか。

AGA診断チェック方法

チェックの方法については、検査や判断の仕方に専門度合いが大きく違いがあります。
より詳細に検査するにはやはり専門機関で行うのが望ましいといえます。
AGAの検査は専門の医療機関で受けることが出来ますし、遺伝子検査キットを利用して自分で調べることも出来ますので、お金をあまりかけたくないという方は遺伝子検査キットを利用されてみてはいかがでしょうか。

遺伝子検査は頬の粘膜を綿棒で採取を行い、遺伝子を検査します。
専門の医療機関で検査を行った場合は数週間ぐらいで検査結果が解りますし、検査キットを使用した場合も1週間から3週間ぐらいで結果が解ります。

やはりAGA治療はAGA治療専門クリニックがお薦め

AGA治療専門クリニックの場合だと、遺伝子検査の他にも毛髪検査、血液検査をより詳細に行いますので、さらに詳しい状態を調べることが出来ますので、詳しく検査を行いたいという方は専門クリニックで検査を行った方がよいです。

専門医療機関ではアンドロゲンレセプターと呼ばれる遺伝子検査を行います。
まず血液を採取した後にアンドロゲンレセプターの男性ホルモンの感度を調査することによって男性型脱毛症の発症リスクがどのくらいあるのかも知ることが可能です。
また毛髪のミネラル検査も行います。
毛髪からミネラルがどのくらいあるのかを測定することによって髪の健康状態を知ることが出来ます。

健康な髪の場合はミネラルがたっぷりと含まれていますが、ミネラルが不足すると頭皮に栄養成分が送られなくなってしまうため、抜け毛の原因になりますので、食事やサプリメントで補わなければなりません。
特にミネラルの中でも亜鉛はAGAの原因となる5α-リラグダーゼを阻害する効果がありますので、亜鉛不足にならないように気を付ける必要があります。
毛根検査は毛根にある毛包を調べ男性型脱毛症の原因である5αリダクターゼがどのくらい分泌されているのかを調査する検査です。

男性型脱毛症の原因は男性ホルモンが過剰に分泌されることですので、男性ホルモンが過剰に分泌されていないかどうかを実際に毛根から調べることによって、AGA判定を行います。
男性ホルモンを受け取るアンドロゲン受容体の配列についても調べることが出来ますので、AGAの影響をどの程度受けているかどうかも調べることが可能です。

AGAの影響を強く受けるのか、それともあまり影響を受けないのかを遺伝子の配列によって調べることが出来るので、自分に合うAGA治療法を見つけることが出来るでしょう。
こうした詳細な検査は特別にオプションメニューとして用意しているので、費用がかかりますが、長い目で見れば適切なAGA治療を受けることが出来ますので、AGA改善には高い効果を期待することが出来ます。

AGAリスク遺伝子検査では毛根にある5αリダクターゼという酵素がどのくらいあるかを数値で詳しく調べることが出来ます。
1型と2型の2種類がありますので、1型タイプの場合はデュタステリドという治療薬、2型タイプの場合はフィナステリドという治療薬を投与することによって5αリダクターゼの働きを抑制することが出来ますので、非常に高い確率で男性型脱毛症を改善させていくことが可能になるでしょう。
的確なAGA治療を行うためにもやはりAGA診断は費用がかかりますが、治療を行う前に受けておいた方がよいといえます。

AGA診断チェック方法(セルフチェック)

AGAを自分で自己判断する方法もあります。

1)薄毛の症状が表れたのは1年以内ですか?

2)前頭部が薄くなったと思いますか?

3)現在の抜け毛の量は増えた?

4)最も気になっている頭髪の症状は毛が細くなった抜け毛が多くなった?

5)他に気になっている症状はありますか?

6)同年代と比べ頭髪の量は薄い気がする?

7)最も身近な家族、親族に薄毛の方はいる?

8)体毛の量は周りの男性に比べ濃い?

9)ストレスを感じている?

10)バランスの良い食事ができていない?

上記で「YES」の数が4個以上ある場合、AGAの可能性があります。

男性型脱毛症は遺伝的要素が強いため父方、母方に薄毛の方や脱毛症の方がいる場合は、AGAのリスクが高いです。
また自分の抜け毛の量が少しずつ増えてきた場合や毛髪サイクルが乱れている可能性があります。

短く細かい毛の抜け毛が多い場合は髪の成長期が短くなってきており、太く長く成長する前に脱毛している可能性が考えられますので、短い細かい毛がある場合は要注意です。
逆に抜け毛がしっかりとした太さや長さのものが多い方の場合、男性型脱毛症ではなくストレスや栄養状態など別の原因で抜け毛が増えてきている可能性も考えられます。
この場合は男性型脱毛症ではなく別の原因を考えた方がよいかもしれません。

円形型に髪が抜けている場合は一時的な強いストレスが原因で円形型脱毛症になっている可能性もあります。
男性型脱毛症の発症した時期にも注目してみましょう。
薄毛になった時期や抜け毛が始まった時期が思春期以降に始まった方の場合、男性型脱毛症の可能性が高いです。
早い方の場合、第二次性徴期が訪れる10代前半の若さでAGAの症状が現れることもあります。
また薄毛や脱毛がゆっくりと進行していく場合もAGAの可能性が高いです。

額の生え際から後頭部にかけて髪が抜けていく場合や、頭頂部の髪が抜けていく場合、額の生え際と頭頂部の両方が脱毛していく場合もAGAの可能性が高いといえます。
こうした自己判断チェックからも男性型脱毛症かどうかを確認することが出来ますが、やはり自己判断にしか過ぎませんので詳しく調べたいという方はやはり専門医療機関での診断が一番正しいです。

皮膚科などの一般の病院で治療を行った場合は遺伝子検査までは行われません。
医師の目視による診断がほとんどですし、AGAの進行を抑制するだけの治療薬しか処方されませんので、その治療薬が果たして自分のAGAのタイプに合った治療が行われているのかさえもわからない状態です。
AGA遺伝子検査は市販のキットを使用すれば、自分がAGAであるかどうかを調べることが出来ますし、またAGAのタイプもわかりますので自分に効果のある薬がどのタイプであるかも解ります。

そのため遺伝子検査だけでも行っておくと、より確実な効果のある治療法を自分で選択することが出来るでしょう。

ALLAGAのお薦めAGA治療クリニックを地域から探す!

AGA治療クリニックを都道府県から探す!

エリア都道府県名
北海道・東北北海道/青森/秋田/山形/福島/宮城/岩手
関東群馬/埼玉/東京/神奈川/千葉/茨城/栃木/山梨
信越・北陸新潟/長野/福井/石川/富山
東海静岡/愛知/岐阜/三重
関西滋賀/奈良/和歌山/大阪/兵庫/京都
四国香川/徳島/高知/愛媛
中国岡山/広島/山口/島根/鳥取
九州・沖縄福岡/大分/宮崎/熊本/佐賀/長崎/鹿児島/沖縄

AGA治療クリニックを地域から探す!

都道府県名エリア詳細
北海道札幌/旭川/函館/釧路/苫小牧
青森県青森市/八戸/弘前/十和田/むつ
秋田県秋田市/横手/大仙/由利本
岩手県盛岡/一関/奥州/花巻/北上
宮城県仙台/石巻/大崎/登米/栗原
山形県山形市/鶴岡/酒田/米沢/天童
福島県福島市/いわき/郡山/会津若松/須賀川
栃木県宇都宮/足利/小山/栃木/佐野
群馬県前橋/高崎/太田/伊勢崎/桐生
茨城県水戸/日立/つくば/ひたちなか/土浦
埼玉県さいたま/川口/所沢/川越/越谷/大宮/浦和
千葉県千葉市/船橋/松戸/市川/柏/西船橋/津田沼/松戸
東京都池袋/品川/渋谷/新橋/秋葉原/北千住/高田馬場/上野/有楽町/立川/大崎/浜松町/田町/中野/蒲田/恵比寿/吉祥寺/五反田/武蔵小杉/日暮里/国分寺/目黒/錦糸町/御茶ノ水/大井町/神田/西日暮里/調布/四ツ谷/三鷹/大森/赤羽/飯田橋/荻窪/八王子/町田/横浜府中
神奈川県横浜/川崎/相模原/横須賀/藤沢/大船
山梨県甲府/笛吹/南アルプス/甲斐/富士吉田
静岡県静岡市/浜松/富士/沼津/磐田
新潟県新潟市/長岡/上越/三条/新発田
富山県富山市/高岡/射水/南砺/氷見
石川県金沢/白山/小松/七尾/加賀
福井県福井市/坂井/越前/敦賀/鯖江
長野県長野市/松本/上田/飯田/佐久
岐阜県岐阜市/大垣/各務原/多治見/可児
愛知県名古屋/一宮/豊橋/岡崎/豊田
滋賀県大津/長浜/草津/東近江/彦根
三重県津/四日市/鈴鹿/松阪/桑名
和歌山県和歌山市/田辺/紀の川/橋本/海南
奈良県奈良市/橿原/生駒/大和郡山/大和高田
京都府京都市/宇治/亀岡/舞鶴/福知山
大阪府大阪市/堺/東大阪/枚方/豊中
兵庫県神戸/姫路/西宮/尼崎/明石
鳥取県鳥取市/米子/倉吉/境港/琴浦
島根県松江/出雲/浜田/益田/雲南
岡山県岡山市/倉敷/津山/玉野/総社
広島県広島市/福山/呉/東広島/尾道
山口県山口市/下関/宇部/周南/岩国
香川県高松/丸亀/三豊/観音寺/坂出
徳島県徳島市/阿南/鳴門/吉野川/阿波
愛媛県松山今治/新居浜/西条/宇和島
高知県高知市/南国/四万十/土佐/香美
福岡県福岡市/北九州/久留米/飯塚/大牟田
佐賀県佐賀市/唐津/鳥栖/伊万里/武雄
長崎県長崎市/佐世保/諫早/大村/南島原
大分県大分市/別府/中津/佐伯/日田
宮崎県宮崎市/都城/延岡/日向/日南
熊本県熊本市/八代/天草/玉名/宇城
鹿児島県鹿児島市/霧島/鹿屋/薩摩川内/姶良
沖縄県那覇/沖縄市/うるま/浦添/宜野湾

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする