AGAって女性もなるの?

AGAは性別に依存するのか?

AGAとは男性型脱毛症のことで、原則として女性には発生しません。
ただ似たような症状が発生することはあり、この場合は女性男性型脱毛症と呼んでいます。
FAGAと呼ばれており、過剰な男性ホルモンにより薄毛が発生するメカニズムは同様です。
男性ホルモンは男性の体内にしか存在しないと思われていますが、決してそんなことはありません。
女性の体内にも一定量が存在しており、ホルモンバランスの乱れなどで増加すると薄毛リスクが高くなるのです。
女性ホルモンのエストロゲンは女性らしさを形成するための役割があり、このホルモンが多いことが女性の薄毛進行を抑える要因です。

ただ閉経などによってホルモンバランスが崩れると、女性の薄毛リスクは一気に高くなります。
男性のように急激に薄くなることは少なく、徐々にボリュームが減退していきます。
早ければ30代くらいから薄くなったと感じる女性もいるので、まだ若いからと安心はできません。
薄毛に気づいているのに対処をしないと、いずれスカスカになってしまうでしょう。
男性にも女性にも言えることですが、髪を失ってから元に戻すのは簡単ではありません。
それよりも今ある髪を守るほうがずっと簡単かつお金もかからないのです。

FAGAにはAGAという言葉が含まれていますが、症状にはかなりの違いが見られています。
男性は頭頂部・前頭部などが薄くなり、人によっては生え際から交代していく方もいます。
薄くなる部位・薄くならない部位がハッキリと分かれるのがAGAの特徴ですが、女性のFAGAは全体的に密度が低くなっていく感覚です。
急激に進行するわけではありませんが、放置しておくと髪が寝てしまうようになります。
ぺちゃっとしたヘアスタイルになって、髪型がうまく決まらないという方は注意するべきでしょう。
髪のボリュームによって見た目年齢は想像以上に変わってしまうので、年齢未満の若さを維持するにも髪のボリュームは維持したいところです。

頭皮がスカスカの状態になると、ウイッグが必要になることがあります。
しかしウイッグは頭皮の通気性を少なからず悪化させますので、薄毛をより促進する要因になるのです。
ウイッグが必要になる状況になる前に、適切な対処をしておく必要があるでしょう。
男性同様に薄毛治療は1日でも早いほうが効果を実感できるので、現状から逃げないことが大切です。
この程度のボリュームならまだ大丈夫と放置しておくと、後からツケがやってくると考えて間違いありません。

男性と比べて女性の薄毛は発症しにくいですが、近年は増加している傾向があります。
育毛サロンやクリニックにこらえる方を見ると、女性の割合は少しずつ増えています。
中には4割は女性客というケースもあり、男性が想像している以上に薄毛に悩んでいる女性は多いのです。
FAGAはさまざまな要因が引き金となるため、間違った生活習慣はすぐに改善してください。
若いころは問題のなかった習慣であっても、中年世代を超えると薄毛の要因になることがあります。
年齢を重ねるほど薄毛リスクは高くなりますので、生活により気を配る必要があるでしょう。

例えば睡眠不足やストレスは髪の大敵ですから、早急に改善していく必要があります。
ほかにも無理な食事制限や頭皮ケアが関係していることもあるので、一つひとつチェックしていきましょう。
頭皮状態の変化に伴って髪質が変わってくるケースは多いので、頭皮に敏感になっておくことも大切です。
年齢を重ねてから急に頭皮状態がよくなることは少なく、ほとんどは悪い方向への変化と考えてよいです。
頭皮がベタベタしてきたり、逆に乾燥してきたりする場合は注意してください。
正常な頭皮に戻していくことが、女性の薄毛を抑えるために大切なのです。

女性もなるAGA、そして治療方法

女性もFAGAと呼ばれる男性のAGAのような薄毛が発症します。
発症確率は10%程度と言われているので、運が悪ければ発症することはありえます。
また生活習慣が乱れている方ほど発症率は高くなるので、不規則な生活が続いている方は注意してください。
今現在においてボリュームはフサフサであっても、頭皮は確実にダメージを受けています。
10年後、20年後の頭髪の健康を考えるならば、今から正しい対策を知っておく必要があります。
治療方法として最も確実なのは医療クリニックに行くことであり、カウンセリングや診察で原因を特定することが可能です。

さらに血液検査をすることで体質を的確に見極められますので、より効果的な治療が可能になるでしょう。
FAGAの場合もAGAと同様に薬物療法がメインになることが多く、治療薬を服用しつつ生活の見直しをしていきます。
これだけで問題なくボリュームが回復することが多いので、あまり心配する必要はないでしょう。
クリニックで治療を受けている方は、前向きに対策することが重要です。
薄毛を心配するあまりストレスを抱えてしまうと、ストレス性の薄毛を招きかねません。
髪にとってストレスは大敵であり、慢性的なストレスを感じていると抜け毛が増えてきます。
血行不良や自律神経の乱れなども招きますので、前向きな気持ちで治療に臨んでください。

AGAの治療薬といえばプロペシアが有名で、有効成分のフィナステリドが男性ホルモンを抑制して薄毛を予防します。
ただ女性はプロペシアによる治療を受けることができず、何より服用してもほとんど効果がありません。
男女では身体のメカニズムが異なりますから、性別に合った治療薬を服用する必要があるわけです。
女性の場合はパントガールを服用することが多く、約70%の方が実感しているという医薬品です。
3ヶ月程度の服用によって抜け毛が減少したという方が多いため、長期的視野を持って服用してください。

医療クリニックから処方される薬は市販薬より効果が高いですが、即効性は期待しないようにしましょう。
髪を増やすという行為は時間をかけて体質を変えていくことなのです。
頭皮を育てるには時間がかかり、少なくとも3ヶ月と考えてよいです。
焦っても髪が生えるわけではなく、むしろストレス性の薄毛が進行していきます。
地道にコツコツとケアを続けることが、本来のボリュームを取り戻すために大切です。
パントガールにはアミノ酸やビタミンB群などがバランスよく含まれていますので、頭皮の総合的栄養補給のために活用してください。

ミノキシジルはAGAの代表的な治療薬であり、最近では濃度5%の発毛剤が登場しています。
ミノキシジルに関しては女性も使用できますが、男性用の発毛剤は避けてください。
女性の場合は濃度1%の発毛剤があるので、こちらを使用しましょう。
ミノキシジルは血管を拡張することで、毛根を元気にする作用があります。
第一類医薬品に指定されている成分なので、一般的な育毛剤には含まれていません。
ミノキシジル配合の発毛剤を使用すると、頭皮が柔軟になっていくはずです。
マッサージと併用するとさらに効果的で、洗髪後にマッサージをして頭皮をほぐしてから使用するのがおすすめです。

頭皮が硬くなると薄毛リスクが高まるのは男女を問わずに認められます。
抜け毛が細くて短くなってきたら、FAGAが始まっている可能性が考えられます。
いち早く薄毛に気づくためにも、洗髪後の抜け毛はよく見ておきましょう。
髪というのは本数が同じであっても、細くなるとボリュームが減少してしまうのです。
ボリュームを維持するためには本数に加えて太さも維持する必要があるでしょう。

医療クリニックでのFAGAの治療では、各種発毛剤が使用されることもあります。
市販では販売されていない発毛剤で、毛根を元気にしたり頭皮の糖化を抑制したりします。
FAGAを解消させるには医療クリニックでの治療に加えて正しいヘアケアが必要です。
市販のシャンプーが合わなくて薄毛を進行させるケースもありますので、クリニックに相談してみましょう。
薄毛治療専用のシャンプーやコンディショナーを出してくれることもあり、頭皮から髪を変えることができます。
髪を元気にするためには、頭皮を正常にしていく必要があるのです。

女性の薄毛はすぐに治ると考えている方が多いですが、重症化したFAGAはAGAに匹敵するほど薄くなることがあります。
赤ちゃんの頭皮はまだスカスカですが、このような状態まで薄くなることもあるのです。
薄毛は進行するほど拍車がかかりますが、これは薄くなるほどメンタルに影響してくるためです。
薄くなるほど性格はネガティブに変化していきますし、対人関係などにも影響が出てきます。
人前に出ることが嫌になってくるので、交友関係も狭くなるでしょう。
ウイッグを使用すれば薄毛を隠すことができますが、今度は隠していることが悩みになります。
ウイッグがバレたらどうしようと常に考えている状態が心身によいはずがありません。

FAGAは20代~30代の女性でも発症する可能性があります。
年齢の割に明らかにボリュームが少ないと感じる場合は注意してください。
例えば5年前の写真と比較して、薄毛の進行がハッキリとわかる状態ならFAGAの可能性が高いです。
またびまん性脱毛症のケースもあるため、自己判断せずに医療クリニックで検査を受けるのがよいでしょう。
検査を受けることで原因が明確になりますので、生活の見直しもできるはずです。

何気ない普段の習慣が薄毛を招いているケースは多いので、早めに知って対処することが必要です。
若いころと比べて少し薄くなったと感じる程度の状態なら、市販の発毛剤を使用してみるのもよいでしょう。
第一類医薬品の発毛剤の中には、ミノキシジルを配合した女性用の商品があります。
ミノキシジルは男性のAGA治療のための医薬品ですが、女性にも効果的なことがわかっています。
ヘアサイクルが乱れてくると髪の成長期が短くなり、伸びきる前に抜けてしまうのです。
ミノキシジル配合の発毛剤は自己判断では購入できず、事前に薬剤師の許可を得ておく必要があります。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする