AGA治療に保険は適用されるのか?

AGA治療は保険適用、保険適用外どちら?

AGAは薄毛に関する病気と言われており、基本的に病院で治療を行うことが求められています。
病院で治療を行うということは健康保険の適用の対象に入るのではないかと思いがちですが、実際のところは保険適用はなされません。
例えば、ニキビやワキガのように日常生活にはそこまで支障がない症状や鼻を高くするなどの美容的な手術などは健康保険の対象外となります。
薄毛に関しても日常生活には支障がないと判断されており、保険適用外ということになります。

そもそもAGAは多くの男性が抱えているものであり、薄毛の原因の大半はAGAです。
人によっては深刻に捉える人がいるほど薄毛の問題は想像以上に悩ましい問題でもあります。
しかし、健康保険などの制度設計を考える厚生労働省の考え方としては美容整形のように見た目を良くするためのものという認識に立ったものです。
つまり、生命につながるものではないことから保険対象にはなりません。
なので、ダイレクトに費用負担を迫られることになります。

ちなみに、近年のAGA治療はAGAを専門的に扱う医療クリニックと一般病院での治療に分かれます。
もちろん、どちらで受けても保険適用外となりいわゆる自由診療となります。
自由診療ということは病院によって治療にかかるお金に差が出るということです。
特に専門の医療クリニックではかなり相場に差が見られ、1か月の治療費を見ると一番高い所と一番安い所で2倍以上の差が見られるなど、維持費に大きな差があることが分かります。

これが一般病院になると安い所で同じような相場で固まっているのが実情です。
なぜここまでの差になるのかですが、それぞれで目的が違うことが大きいです。
専門の医療クリニックの場合には発毛を目指すことを主眼に置きます。
しかし、一般病院はAGAの進行を遅らせることがメインです。
明るい未来が描けるように発毛を目指すのか、少なくとも進行することだけは避けるように遅らせるのか、それぞれに違いがあることによってその中身も変わってくるというわけです。

一般の病院では単に薬が出され、それを飲むだけとなります。
一方、専門の医療クリニックは頭皮の状況など発育環境を確かめた上で方針が決まり治療が進められます。

医師の介入要素という部分で大きな違いがここにあります。
保険適用が仮になされると、現在の一般の病院が行っているようなことが対象となり、専門の医療クリニックで行っていることが自由診療となる可能性が高く、進行を遅らせることがAGA治療のトレンドになってしまうことが考えられます。

一見すると保険適用外の方が高くつきそうなイメージですが、専門のところで治療を行えばうまく行いことで今まで以上に毛が生えて薄毛が気にならなくなります。
逆に進行を遅らせたところでいずれは食い止めきれなくなる可能性があることを考えれば、保険適用外であった方がむしろ好都合という見方が出来ます。
将来的に保険適用になった場合を想定すると、どこで大きな差が出るかといえば薬の費用となりますが、これに関しても打つ手はいくらでもあります。

AGA治療で用いられている薬にはいくつかの種類がありますが、ジェネリック医薬品もたくさん含まれています。
ジェネリック医薬品は通常の医薬品と全く同じ性能でありながら、安く作ることが出来るため、費用的にかなり安く設定されており注目を集めているものです。
これを現時点で活用すれば薬代はある程度圧縮されます。
人によっては個人輸入でこうした治療に使う薬を手に入れる人もいますが、病院で仕入れた方が色々と安心です。

保険適用外ということもあって、高くつくイメージではありますが、それによって得られるものを考えれば必要なコストということになりそうです。

保険適用されるAGA治療の方法

そもそも医療クリニックで行われている治療にはいくつかの方法があり、その方法によって費用は大きく異なります。
一般的な治療方法に飲み薬があり、メインとされるものはプロペシアと呼ばれるものです。
フィナステリドと呼ばれる有効成分を含んでおり、これを飲み続けることでAGAの原因とされるホルモンを抑えることが出来て薄毛の改善につながっていきます。
このプロペシアは1か月で7000円から1万円程度するなど、それなりに費用がかかります。

ただプロペシアに関してはジェネリック医薬品が存在します。
このジェネリック医薬品を利用すればプロペシアの3分の1、もしくは5分の1の値段で購入できます。
保険適用外ではありますが、3割負担であることを考慮すればジェネリック医薬品を選択するだけで保険適用と同じ、もしくはそれ以上の効果を得られることは間違いありません。
特定のジェネリック医薬品がなかったとしてもそれ自体の種類は複数にも及び、プロペシアと同じ成分のものを選べばいいだけのことです。

またプロペシア以外にも多くの薬があり、デュタステリドを配合した薬も治療で用いられます。
プロペシアとの大きな違いはAGAの原因であるホルモンをより強力に防ぐことが出来るという部分です。
より強力に防ぐことが出来れば、進行を大きく食い止めることが出来ます。
フィナステリドを含んだ薬よりも効果は高いだけでなく、その費用は1か月でだいたい1万円程度とそこまで差はありません。
高い効果を求めるのであればこちらを選ぶというのもおすすめです。

発毛剤で配合されていることが多いミノキシジルの薬もAGA治療で度々用いられています。
高血圧の治療に用いられ、その副産物に発毛効果があったという成り立ちがあり、こちらも主流です。
最大のポイントは他の薬との併用が出来る点です。
抜け毛を防ぐのはもちろん、発毛を促したい場合に別の薬と併用をすることで効果をより高めることが出来ます。
また頭皮に直接塗る方でミノキシジルを用いるというやり方もこの場合は可能です。

医療クリニックで行われている治療の中には発毛注射と呼ばれる方法があります。
注射の中に有効成分を入れるのですが、プロペシアの中に入っているフィナステリドを始め、ミノキシジルやアミノ酸といった発毛には必要な成分を入れており、これを頭皮に注入します。
これらには個人差などもありますが、注射といっても案外痛みはなく有効成分を直接入れるため、しっかりと吸収してくれるというのがかなり魅力的であり、患者の気持ちの入り方がかなり違います。

これに関しては相場に結構な差があり、1万円程度でやってくれるところもあれば、5万円を超えるようなケースもあります。
結局中に何が入っているかや有効成分の量によってもかなり違うことから、中身を吟味する必要はありますが、医療クリニックによってはその中身を教えてくれないところや実際に行ってみないと分からないところがあるので、出来るだけそのあたりがオープンになっているようなところを探して治療を受けていくというのがおすすめです。

その理由は値段の高さにあります。
基本的に注射によるやり方は比較的新しいやり方であり、科学的根拠の裏付けがないケースが見られ、確実な治療法とは言えない部分も見え隠れします。
いかにも効果がありそうなものを注入するイメージで行うものの、場合によって10万円以上もする注射を行うことから、中身をしっかりと確認し科学的根拠や効果がしっかりと分かった状態でなければ、その治療を行うというのは少し考え直すことも必要です。

次に植毛ですが、こちらも医療クリニックによって値段が異なる部分になっています。
1本あたりの値段は数百円程度のものから1000円ぐらいまで幅が広いです。
しかも、どれだけの本数を植毛するかも重要です。
広告などでは1000本で結構安い値段で行えるような印象を与えますが、日本人の平均の毛髪の本数は10万本とされ、少ない人で6万本程度となっています。
もし薄毛をカバーするのであればかなりの単位で植毛をしなくてはならず、それだけ費用がかかることになります。

平均的な植毛の本数はだいたい3000本程度と言われています。
そうなると、一番安いケースでも90万円、高い場合には300万円かかる計算です。
ただいきなりその値段設定では多くの人は植毛という道を選択しません。
毎月かかる薬などの維持費や植毛の耐用年数などを考慮し、ギリギリの値段設定を行う医療クリニックもしっかりと存在します。
場合によっては50万円台や60万円台といった値段で行えることもあり、植毛という選択肢もAGA治療の中では十分考えられます。

また植毛の中には人工のものや自分の毛の植毛など色々と違いがあります。
人工毛に関する植毛ではすぐに髪を増やせるのが最大のメリットです。
わずか数時間で理想的な髪型にすることが可能であり、コストが低く経済的です。
ところが、メンテナンスを年に数回要することや維持費がそれなりにかかること、国によっては有害であるとして禁止されているケースがあり、日本でも今後禁止になる可能性は否めません。

自毛植毛の場合ですが、こちらは拒否反応が意外と少なくすんなりと体が受け付けてくれて、しかもメンテナンスがあまり必要ではないことからこちらが主流です。
値段はそれなりにかかり、下手をすれば数百万円単位になってしまうこともあります。
ただ見た目に自然に見え、1度植毛をしてしまえば男性ホルモンの影響はほとんど受けません。
この状態でそのまま定着してくれれば仮に脱毛をしても、それ以降にしっかりとした髪の毛が生えるようになります。

人工の毛を植毛する場合は1時間に数百本を勢いよく埋め込むため、それなりに頭皮のトラブルがあっても不思議ではありませんが、後頭部にあった自分の毛であるため、トラブルは少ないです。
もちろん、何度も施術を行うケースがあるなどそれなりに大変ですが、自然な仕上がりになりやすいです。

保険適用が将来的になされるとすれば内服薬などの部分ですが、ジェネリック医薬品を使えば保険適用がなされたような値段で利用できるケースもあるのでそのあたりのチェックがおすすめです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする