AGA治療の対策をすべて挙げる。

AGAとは?

AGAという単語はテレビや雑誌などでよく耳にしたり目にしたりといった機会が増えてきているので、単語は知っているという人も多いのではないでしょうか。
具体的にAGAはAndrogenetic Alopeciajの略で、男性型脱毛症のことを表しています。
成人男性によく見られるもので、髪の毛が薄くなる状態です。
様々な種類がある脱毛タイプの一つとして存在していて、男性の薄毛がすべてこれにあてはまるというわけではありませんが代表的な一つと言えます。
患者数は全国で1260万人にも上ると言われていて、そのうちの800万人ほどが自分の髪の毛を気にかけています。
1260万人というとかなり多いと感じますが、日本人男性の約10パーセントがこの症状で悩んでいるという計算です。

原因は、思春期以降の若い男性でも起こることがあり、男性ホルモンであるテストステロンや遺伝が大きく関係しています。
テストステロンが通常よりも濃度が高くなることで、ヘアサイクルの成長期を短くしてしまいます。
成長期が短くなると、髪の毛が長く太く成長する前に抜けてしまうので、短く細い髪の毛が多くなり全体的に薄く見える原因となるのです。
健康なヘアサイクルであれば長くてかたい毛が一日に平均して100本ほど抜けるのですが、成長期が長いのでたとえ脱毛したとしても次の髪の毛がすぐに発毛するので見た目には変化を感じられません。
しかしテストステロンの影響を受けると成長期が短いので、本来は太く強く育っているはずの髪の毛が短くて細いままで、さらにその短くて細い髪の毛が抜けて抜ける本数も目立って多くなります。
この男性ホルモン以外にも皮脂量の多さや頭皮環境の問題、ストレスや食事、睡眠などの生活習慣にも影響を受けるようです。
発症している場合は、通常の髪の毛の状態と大きく変わってきます。
以前は強くて硬かった髪の毛だったという人であっても、細くて柔らかい髪の毛で他の髪の毛と比べて短くなってきます。
さらにつむじを中心にその周りも含めて髪の毛が薄くなって来たり、生え際が以前より後退したりといった違いが現れ、明らかに子どものころや若い頃の髪の毛とは違うはずです。
遺伝も大きくかかわっていて、両親のどちらかが薄毛だという場合は発症しやすく、遺伝している可能性が高いです。
遺伝は自分ではどうすることもできないですが、その他にも原因があります。
他の原因として、運動不足で全身の血流が悪くなっていて髪の毛まで栄養が行き届かなかったり、喫煙により血行不良を起こして栄養素を破壊してしまったり、仕事や私生活によるストレスで原因となる男性ホルモンが増加して血行不良や栄養素を破壊することにつながったりと、様々な原因が考えられます。

AGAの症状は、まず薄毛や抜け毛が気になり始め、だんだんと生え際が後退したり頭頂部が薄くなったりと進行してきます。
髪の毛の変化は年齢と共に起こる割合が高くなりますが、早い人だと10代で症状が現れる場合もあるのが特徴です。
進行性の脱毛なので、髪の毛が薄くなってきた、抜け毛が増えてきたときになり始めたらどんどん症状が進行していってしまうという特徴もあります。
薄毛や抜け毛が気になりだしたらAGAを疑って、症状を正確に早期発見して、今以上の進行を抑えたり早期治療を行ったりと早めに行動を移す必要があります。
ほかっておいても治るというわけではないので、早めに適切な治療を行うことで進行を食い止めて今ある髪の毛を太く強く育てていかなければいけません。
AGAの特徴の一つに進行パターンもあります。
額の生え際から後退していくタイプや頭頂部から進行して脱毛していくタイプ、これらが混合するタイプなど様々な進行パターンがあります。

いろいろな方法ががあるAGA対策

AGAは進行性の脱毛であり、他っておくと薄毛や抜け毛がどんどんと進行してしまい、今生えている強くて太い髪の毛も次第に薄くて細い髪の毛へと変化していってしまう恐れがあります。
そのため生え際が後ろに後退していったり、頭頂部の髪の毛が薄くなってきたり、抜け毛が増えて抜ける髪の毛が細くて短いという症状の中の1つでも当てはまる場合はAGAを疑って専門的な治療を受けた方がいいかもしれません。
どんどん進行してしまい後悔するようなことがないように、薄毛や抜け毛が気になりだしたら早めに対策をすることで進行をストップさせて今ある髪の毛を守る必要があります。
そんなAGAの症状を抱えている日本人男性はとても多いので、現在ではこの症状に対する治療方法も様々なものが開発されてきているので、症状の進み具合や自分に合った対策を行っていくと良いです。

まず最初の対策として育毛剤や発毛剤を使用してみるのがおすすめです。
症状に合わせてAGAに効果のあるとされる育毛剤や発毛剤がドラッグストアやネットショッピングなどでも購入することが出来ます。
種類も豊富なのでどれを選んだらいいのか迷ってしまいますが、それぞれに含まれている成分に違いがあったり働きが違っていたりするので、パッケージなど内容をよく読んで自分の症状に合わせた育毛剤を選ぶと良いです。
対策には症状の原因であるテストステロンの分泌を抑えて症状を止めるとともに、毛根への栄養を補給することで次に生えてくる髪の毛を育ててヘアサイクルを正常に戻す必要があります。
そのため育毛剤や発毛剤を選ぶときにはテストステロンを抑えてくれる成分や毛母細胞や毛根に直接栄養を届けやすくするために血行促進を促す成分、髪の毛が育ちやすくなるように頭皮の環境を整えてくれる成分など、含まれている成分をしっかり確認しておくことがポイントです。
ただし育毛剤や発毛剤を使用したからと言ってすぐに効果が表れるわけではありません。
ヘアサイクルを正常に戻して強くて太い髪の毛を育てるためには一定期間が必要になるので、すぐに効果が表れないからと言って使用を中止するのではなくしばらく使用してみて自分に合うのかを確かめるようにするのがおすすめです。
効果が高いものとして医療用のものも販売されていますが、中には成分が強いために副作用が出る場合もあります。
例えば発毛の効果を期待できるミノキシジルという成分の副作用には頭皮の炎症があります。
髪の毛のためとはいえ副作用が出るのは怖いので自分に合った商品を選ぶと良いです。

次に育毛シャンプーでの対策も行うと良いです。
毎日欠かさず行っているシャンプーなので、今の習慣を変えることなくシャンプーを変えることで対策ができるので新しい習慣を作ると面倒だと感じている人には特におすすめです。
シャンプーと言えば髪の毛をサラサラにしたり美しく保つために使用するというイメージが強いですが、AGA対策のシャンプーだと目的が変わってきます。
頭皮環境が悪くなることで薄毛を促進させている恐れがあるので、育毛シャンプーを使用することで頭皮環境を整えて髪の毛が生えてきやすい環境を作ります。
通常のシャンプーだと髪の毛をきれいにするシリコンが含まれている商品もありますが、毛穴に詰まって薄毛や抜け毛につながる恐れもあります。
育毛シャンプーであれば頭皮への余分な刺激を抑えて、皮脂をあまり落としすぎず頭皮のうるおいを保って環境をよくする働きがあります。

髪の毛に必要な栄養素を食事からだけでは取り切れないという人のために、サプリメントから栄養素を摂取するのもおすすめの対策です。
サプリメントを利用すれば髪の毛の栄養として必要なアミノ酸やビタミンB群、ビタミンCやビタミンE、ミネラル類などを効率よく摂取することが出来ます。
サプリメントの中にはAGAに効果のある成分を含んでいるものもあるので、治療の副作用が心配という人にはサプリメントの副作用はとても少ないので安心して摂取することが出来ておすすめです。
しかしサプリメントの効果には個人差もあるので、口コミなどを呼んで鵜呑みにしないように注意が必要です。
サプリメントの中にはアレルギー物質を含んでいるものもあるので、内容の確認も怠らないようにするのが大切です。

生活習慣を見直すこともAGAの対策として有効です。
生活習慣が悪いからAGAが起きているわけではありませんが、生活習慣を見直すことによって頭皮環境が良くなり結果として髪の毛が生えてきやすい環境を作ることが出来ます。
食事内容を頭皮に良いタンパク質やアミノ酸を多く含む食材を積極的にとるようにしたり、アルコールや喫煙の習慣を減らしてみたりすると良いです。
睡眠不足や運動不足も成長ホルモンの分泌を阻害したり血流を悪くしたりといった原因になるので、無理のない部分から改善していくのが大切です。

AGAは進行性の脱毛なので自分で治療をしていると思っていても、治療法が合っていなくて進行していってしまう場合もあります。
進行してきてしまった時には、早めに専門の医療クリニックを受信するのがおすすめです。
専門医による診断で抜け毛防止や発毛効果が高い治療薬を処方してもらうことが出来て、カウンセリングや診療を受けることで自分に合った治療を受けられるというメリットがあります。
反対にデメリットとして通院することになりサプリメントや治療薬を購入するとなるとそれなりに費用が必要になってしまうことと、通院に時間が取られることなどがありますが、AGAのしんこが進む前の早期の治療であれば通院も期間が短くなり費用を抑えることが出来るので、自分での対策は難しいと思った時には早めに医療クリニックを受診するのが良いです。

このように様々な方法でAGAの対策ができるのですが、それぞれにメリットとデメリットがあるので1つの方法だけに偏って治療をするのではなく、いくつかの方法を組み合わせて行っていくのが効果的です。
AGAの対策は長期にわたって続けていかなければいけないので、無理のないところから始めて良い頭皮環境を作れる生活習慣へと変えていくと良いです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする