鹿児島にお住まいの方へ、AGA治療をご紹介

鹿児島のAGA治療ができる医療クリニックの数、評判

男性型脱毛症のことをAGAといいます。
andro genetic alopeciaを省略してそう呼ばれています。

現在、脱毛症の90パーセント以上がこのAGAだといわれることもあります。
男性ホルモンと遺伝やストレス等が関連しているといわれているのがAGAです。
AGAにおける脱毛症は、特に頭頂部と前頭部における脱毛症状がみられます。
髪の毛の抜け方にパターンがあるのも特徴で、AGAでは髪の毛が伸びる時間が短くなっています。
正常よりも早い時間のなかで髪の毛が抜けていくのです。
すぐに発症に気づかない場合もあるでしょう。
AGAを発症するとまず髪のハリやコシが失われ髪に元気がなくなっていくといわれています。
だんだんとうぶ毛のようなコシやハリのない、毛に変わってその後、だんだん脱毛していくために、はじめは発症したことに気づかないというケースも少なくありません。
AGAが発症して進行の過程でもしかしたらそうなのかもしれないと、気づく人もいるわけです。
遺伝的な要素に加えて、男性ホルモンやホルモンバランス、日々のストレスや食生活といった生活習慣が原因で発症していくとも考えられています。
対策としては自分にぴったりあった治療方法やクリニックを見つけるということです。
治療を長続きさせていくことがAGA対策のカギになっていきます。

鹿児島内にはAGA治療ができる医療クリニックはどれだけあるのでしょうか。
2019年01月現在鹿児島県内でAGA治療ができる医療クリニックは61ほどあります。

都心部を中心にAGA治療を行える医療クリニックがありますが、専門クリニックだけでなく鹿児島県内でAGA治療を行っている皮膚科へ行ったり、遠隔治療を行っているクリニックに相談しながら治療を進めていくことも可能です。
駅から近いクリニックもありますし、駐車場完備のクリニックもあります。
カウンセリングを重点的におこなって、デリケートな問題と考える方も多いので患者さんのプライバシーを侵害しないような様々な取り組みをおこなっている医療クリニックもあります。
診察日や診察時間や費用、医療クリニックに通う交通手段などを考えて自分にあったAGA治療の医療クリニックを探すことができます。

また治療方法も様々です。
アボルブ、HARG療法、プロペシア、ザガーロ、ミノキシジル、メソセラピーなどがあげられますが自分に合う方法を行っている医療クリニックをみつけて探すこともできるのです。

駅からのアクセスがよく好立地のために通いやすいといわれているクリニックもありますし、多数の患者さんを観てきたことから、様々な薄毛のパターン年齢等や症状などの症例データを沢山蓄積して、個々の患者さん症状にあった治療を提案できると評判の医療クリニックも存在します。
さらには、診療時間が長いため仕事が終わった後に行けて時間的にゆとりをもって診療できる場所もあり、特に得意としている治療方法があり患者さんに評判がいいという場所もあります。
治療方針を決めていくにあたって、遺伝的なことだけではなく、ストレスであったり食生活などの生活習慣などが関係することもあるAGAですので、カウンセリングにしっかりと時間をかけて個々の患者さんに丁寧に対応してくれると評判のクリニックもあります。
自分に生活スタイルに合わない場所に無理に通ってしまっても長続きしませんし、適切なカウンセリングをうけて自分にぴったりの治療方法を見つけたほうが長く気持ち的にも楽に治療を継続できるので、条件にあうクリニックを見つけていくことも大切です。
AGA治療については保険適用外となります。
自由診療につき公的医療保険の適用外となります。

鹿児島のAGA治療(医療クリニック)の特徴(価格帯や、脱毛機器など)

脱毛の状態や症状の進行によって個人差はあるものの、早い人では半年間のAGA治療を行ったことで、頭髪に効果があらわれたという人もいます。
そして医療クリニックでAGA治療を3年間続けた人の多くは進行を抑えられたといわれているので、自分にあったAGA治療の医療クリニックをみつけていくことが大切です。
価格帯としては、医療クリニックにより様々ではありますが、薬代や診療費なども含めて1ヶ月で10000円から15000円程度となっています。
医療クリニックでの初診で約7,000円から10,000円程度。
成長因子注入療法を行うと1回約50,000円から100,000円前後。
費用については、医療クリニックごとに異なってきます。
AGA治療につきましては一般的に、自由診療となることから保険適用はされません。
よって、薬代や診療費は全て自己負担になります。

治療期間も症状や進行具合によって個人個人異なりますが、治療開始から効果が実感できるまでの期間は6ヶ月程度といわれることが多いです。
治療を継続して進行を抑えることも可能です。

治療方法も様々で、HARG療法やベネブ毛髪再生、ミノキシジル注射、クリニックオリジナルのAGA治療薬であったり、プロペシアの投与を行うものなどもあります。

まずは、カウンセリングから入ります。
遺伝的要素やホルモンが関係しているほかに、生活習慣などもかかわるAGA治療ですので、患者さんの話を聞きどのような症状や原因があるのかの話を聞いて今後の治療方針などを決定していきます。
またまた頭部を撮影して現在の症状を確認します。
その後、ダーモスコピー検査などを行っていきます。
ダーモスコピー検査を行って、薄毛部分の毛髪の太さなどを確認することができますので、これによりAGAの診断をしていきます。
毛髪が薄くなっている場所は髪の太い毛と細い毛が、まだら状態に生えています。
薄毛の部分に2割以上の軟毛化があればAGAが疑われるとも言われています。
髪の毛の太さについては、後頭部や外頭側の毛髪と比較することで軟毛化しているのかを判断します。
遺伝子の配列が深く関連しているということから、遺伝子検査が行われるケースもあるでしょう。

実際の治療についてですが、AGAの治療は外用薬や内服薬の使用を基本となっています。
患者さんによって治療法は様々ですが、家植毛や医薬部外品などの使用をするケースも存在します。

AGAで使用されている薬剤は3種類。
治療効果も様々なことが原因となっているAGAのために一定ではないこともあります。
また、たとえば薬の使用をやめることで進行がおさまっていたのにもかかわらず、再度脱毛症状が起きてしまうこともあるのです。
ですので、なるべく早い段階で、脱毛や頭皮の異変が気になりはじめたら治療を開始し、自分にあったペースで治療を継続することが大切なポイントとなります。

自分にあう医療クリニックをみつけるためにもまずは、カウンセリングが大切になるでしょう。

鹿児島県内のAGA治療のクリニックでも、無料のカウンセリングを実施している場所も多くあるので、まずは無料で話を聞いてもらい、髪や頭皮の状態を相談してみてからどのような治療方法にするのか、どの医療クリニックを選ぶのかを考えてもよいのです。
無料カウンセリングを通じてドクターやカウンセラーへ相談してみることで現在の症状を確認することもできます。

またAGAについてはとてもデリケートな問題ともいえます。
治療していることを他人に知られたくないケースも多いことから、患者さんのプライバシー保護を重視した診察や治療を行ってくれるところを探すのもよいと考えられます。
例えば待合室で他の患者さんに合わないような配慮がしてある医療クリニックもおすすめです。
完全予約制になっていて他者からはわからないようになっていたり、待合室自体が個室、診察室が完全個室の医療クリニックも多くあります。
その他、テレビ電話によるカウンセリングなど、他の人と会うことなく、完全にプイらいバシーが守られているシステムが構築されている医療クリニックも安心です。

現在プロペシアやリアップ、ザガーロなどの薬剤が使われています。
プロペシアは、現在世界60か国以上で承認されている薬で、ジェネリックもでています。
リアップは、外用薬です。
皮膚の線維化抑制効果も期待できる薬です。
サガーロは2016年6月に発売された内服薬ですが、ずれも日本皮膚科学会からの「もっとも薄毛治療に有効」とA評価を受けた薬で、単体でもその効果を実感できる人もいますが併用することでより効果を期待できるものです。
AGA医療クリニックでは、患者さんのカウンセリングを経て個人にあった内服薬だけではなく、毛髪の成長因子を注射するHARG療法を行ったりするケースもあります。

治療頻度の目安ですが、2か月に1回または3か月に1回程度必要になってきます。
内服薬で3か月から6か月で効果が現れ始める人もいますが、6か月目の診察を効果がでているかどうかの目安と考えられています。
通院にかかる費用はクリニックや施設にもよりますが、初診料や再診料、その他の処方箋料や調剤料なども併せていくと、年間で約10万円前後の費用がかかると考えてもよいです。
内服薬のプロペシアについてはジェネリックもでています。
ザガーロについてはジェネリック医薬品でもプロペシアなどに比べて高額になりますので、どの薬を使っていくのかも自分に合ったものをみつける必要があるといえます。
外用薬であるリアップについては、1本あたり7000円前後で販売されていますのでこれを1か月に1本買って治療を続けると、年間で10万円前後の費用がかかる計算になるでしょう。

髪の抜け方にはいろいろなパターンがあり、頭頂部と前頭部のどちらか、もしくは両方に脱毛症状がではじめて、薄毛になっていきます。
症状が出始めた場合にはなるべく早く専門の医療クリニックに行き、カウンセリングを利用するなどして一人で悩まず相談してみるのがよいでしょう。
そして、ヘアサイクルの周期などを自分でも理解し継続した治療を行うことがおすすめです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする