神奈川にお住まいの方へ、AGA治療をご紹介

神奈川のAGA治療ができる医療クリニックの数、評判

神奈川県は東京都に近く、都会的なイメージがあります。
しかし東京程人は多くなく、少し駅から離れれば田舎の風景も感じられます。
関西から転居してきた人は神戸に似ていると良く言います。

そんな神奈川県内でAGA治療を受けることが出来る病院や医療クリニックの数は、900件を超えています。
これだけたくさんあると玉石混交ではないかと心配になってしまうのも無理のない話でしょう。

皮膚科のついでにAGA治療も行っていますと言った感じのクリニックや町医者的な医院もあれば、AGA治療を専門にやっているクリニックもあります。
また、全国展開している美容外科や美容皮膚科やAGA専門のクリニックもあります。

治療内容も医療機関によって様々です。
高齢の皮膚科医が医師一人だけで開院している皮膚科では、看板や電話帳にはAGA治療をやっているかのように書いてありますが、実際には内服薬を処方するだけというケースも少なくありません。
言うなれば、街の薬局で薬を購入するよりは安いという感じです。

AGA治療は近年、日進月歩に進化しています。
内服薬以外にもHARG療法やPRP療法などという治療法も登場しています。

HARG(ハーグ)療法というのは、成長因子を含んでいるたんぱく質を直接頭皮に注入する方法です。
これによって発毛機能を再生させることを目指しています。
治療期間は、約半年です。
2008年ごろから始まった治療法で、現在はおよそ200の医療機関で導入されているようです。

メリットは効果が長く続くこと、生えて来た毛が丈夫で太いということがあげられます。
デメリットは治療費が高額だということです。
最初の1年にかかる費用が60万~120万円、5年間の総額は192万~600万という報告があります。

副作用はほぼないと考えられていますが、まだ治療が開始されて10年程なので、今のところはほぼないと言った方がベターでしょう。

PRP療法は、自己多血小板血漿療法とも呼ばれていて、自分の体から採血をして血を抜き、それを遠心分離器にかけて血小板を含んだ血漿を注入する方法です。

PRP療法は、元々はスポーツ選手のダメージ治療や歯科インプラントの際に補助的な治療として行われたりアンチエイジングなどで行われていた治療ですが、AGA治療でも導入されるようになってきました。

自分の体の中にある血液で治療するので、アレルギーなどの心配はありません。
PRP療法は、厚生省に届け出を行って承認された医療機関でしかできない治療法です。

その他に、LEDを当てる治療法もあります。
LEDと聞くと、「家にある照明器具?それなら枕元にLED電球をつけて眠れば済むじゃないか」と思われた人もいるでしょう。

しかし、電球のLEDとは違います。
AGA治療で使われるLEDは赤色LEDです。

青色LEDは殺菌効果があるのでニキビ治療やシミやしわや毛穴の開きを改善するのに使われていますが、赤色は新陳代謝を促す作用や血行を良くする作用があります。

また、青色LEDは皮膚表面にしか届かないのですが、赤色は皮膚の奥深くまで届くのです。
LED治療は週1~3回を3~8ヶ月照射します。
ほとんどの人で育毛効果が見られたという報告があります。

ただし、プロペシアやミノキシジルに代わるような効果は今の段階ではまだ期待できないとのことです。
これらの薬と併用して行うとより一層効果が高まると考えられています。
LED治療の費用は、1回に付き5400円前後の所が多いです。

AGAの治療にはいろいろな方法があるので、あなたの状況に合わせて治療法を選ぶことが大切です。
また、経済的な負担も考慮する必要があります。
軽度であれば、生活習慣を改善して近くの皮膚科の町医者で薬を貰って来たので対応できるケースもあります。

頭髪の状態と経済状態を考えて、治療法を選びましょう。

神奈川のAGA治療(医療クリニック)の特徴(価格帯や、脱毛機器など)

全国展開しているAGA専門のスキンケアクリニックでは、オリジナルの内服薬の処方が可能です。
また、肝細胞再生治療やLEDビームなども行っています。
全国に49の連携病院がある医療クリニックなので、転勤や引っ越しになってもカルテを引き継ぐことが可能です。

AGA治療に特化しているので、患者さんは男性のみとなっています。
予約制なので待ち時間も少ないでしょう。

大手の美容外科の横浜院でも、オリジナルの内服薬や外用薬の処方を行っています。
こちらも全国展開している医療クリニックなので、転勤や引っ越しの時もカルテを引き継いでもらえます。
ここの大きな特徴としては、全く効果がなかった場合は治療費の返金があるということです。

AGA治療に必要な費用は、スーパーでちょっとチョコレートを買うような安い買い物ではないだけに、これは嬉しい制度でしょう。
それだけ、治療には自信があるという証かもしれません。

そして、一人一人に合わせたオーダーメイドの処方や対応を心がけているとのことです。
週1回の通院でサポートするというのも、キャッチコピーのようです。

藤沢駅から徒歩2分のAGAクリニックでは、内服薬や外用薬の処方はもちろんの事、頭皮のマッサージや再生治療も行っています。

頭皮のマッサージはいわば、癒し的な効果を期待して行っているようです。
ストレスが薄毛の誘因となることもあるので、頭髪をマッサージしてもらって「気持ちが良い」と感じることが大切なのです。

このクリニックでは、女性の薄毛にも対応しています。
女性医師も在籍していて、担当医を指名することも可能です。

また、「ちょっと最近仕事が忙しくて疲れがたまっているなあ」と言った時の疲労回復に、ビタミンB1の注射、俗にいうニンニク注射をしてもらうこともできます。

疲れやストレスにも目を向けて対応している医療クリニックと言えるでしょう。

横浜市の中央にあるクリニックは、内用薬や外用薬の処方はもちろんのこと、それ以外にも最新治療を行っています。
先に述べたHARG療法も行っており、HARG療法認定医療機関の1つです。

そしてPRP療法やLEDライトの照射も行っています。
ヘアケアアイテムも揃えています。

このクリニックの大きな特徴は、初回の診察やカウンセリングは無料だということです。
とりあえずは一人で悩んでいないで相談しに来てください、ということのようです。
また、何回か通院して薬の副作用などが出ていないと判断できた後は、特に変わりがなければお薬飲みもOKとなっています。

毎度毎度お薬のみで何か月も経過するのは、副作用チェックの観点からもお勧めできませんが、どうしても忙しくて仕事を切り上げられない時などは、家族の人にお薬だけ取りに行ってもらって、次回は診察を受けて経過を報告するということもできます。

毛髪再生外来横浜院では、内服薬や外用薬の処方や毛髪再生治療以外に、自毛植毛も行っています。
自毛植毛と言うのは、沢山生えている部分の毛を薄い所に植えるという方法です。

よく、横の毛を前髪にしようとして耳の横に分け目がある人がいますが、分け目を変えるのではなく、実際に横の髪を前髪に植えるのです。

この毛髪再生外来では、カウンセリングルームも待合も個室だということが大きな特徴としてあげられます。
他の患者さんに出くわすこともなく、受付して治療を終えることができます。

「自分以外に誰も患者さんがいないけど、閑古鳥が鳴いているのかでは?」と思ってしまう人もいるようですが、そうではなく完全に個室だから他の患者さんに会うことがないのです。
決して他に患者さんがいない流行っていないクリニックではないので、その点は安心してください。

ここにあげた医療クリニックは、AGA治療が出来る医療機関の中でも、患者さんも多く比較的最先端治療も積極的に行っているクリニックです。

横浜市には900以上もの医療機関が「AGA治療ができます」」と標榜しています。
ここにあげた医療機関以外にもまだまだ良いAGA専門の医療クリニックはたくさんあるし、街の小さな皮膚科でも対応が可能なケースもあります。

友達や知人から「あのクリニックが良いよ」と聞いて行ってみたけど、自分には合わなかったということもあるでしょう。
「あのクリニックのどこが良くて、勧めてくれたのかよく分からない」ということもあると思います。

人の価値観は様々で、十人十色や千差万別です。
駅から近いのが何よりだという人もいれば、ホテルのように綺麗なところでないと嫌だという人もいます。

今時紙のカルテを使っているだなんてあり得ないと嫌がる人もいれば、「紙カルテであろうが電子カルテであろうが、ペラペラの紙対応ではなく神対応だったらOK」だと言う人もいます。
中には「医師がイケメンだから勧めたの」なんて言う人もいるくらいです。

友達や知り合いから「あのクリニックが良いよ」などと勧められた場合は、どのような点が良いと思うのかをしっかりと訊き出しましょう。
それがあなたの価値観と同様であれば、自分には全然合わないという可能性は低いと思われます。

そして、自分でもホームページくらいは確認してください。
ホームページにはおそらく担当医師の顔写真なども載っているでしょう。
それをみて生理的に不快感を感じたのであれば、それはあなたが直感的に「嫌だ、合わない」と思ったのかもしれません。
案外、この第一印象が当たる場合も多いので、不快感を感じた場合は、ちょっと様子を見に行く程度にして、その日のうちに結論を出して契約まではしない方が無難です。

尚、初診時には今までに指摘されたことのある疾患名が分かるように準備をしてから受診してください。
美容皮膚科なのだから内科的な疾患やメンタルクリニックなどは関係ないと思っている人が多いのですが、AGA治療のために使用する薬の影響を考慮するためには内科疾患やメンタル的な疾患も重要なことがあります。
これらの情報も、きちんと担当医に伝えてください。

お薬手帳は必ず持参して、担当医に見せるようにお願いします。
本来お薬手帳は1冊にまとめるのが基本ですが、数冊ある方は、内科のお薬手帳だけではなく、外用薬も含めてすべて見せてください。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする