KM新宿クリニック

KM新宿クリニックのまとめ

【公式サイトへ】

KM新宿クリニックのご紹介

KM新宿クリニックは東京都新宿区歌舞伎町にある美容皮膚科、医療脱毛の医療機関です。
医療脱毛を提供する一方では、薄毛の悩みに応えるAGA治療も提供しているのが特徴的です。
公開される治療内容や料金は明瞭ですし、プライバシーの保護ありで安心して通えるクリニックとなっています。
定休日は月曜と木曜の週2日で、火・水曜日と金曜から日曜までの営業時間は、11時から19時までとなります。
KM新宿クリニックは、銀座にあるKM銀座クリニックの姉妹院で、医療法人社団の桜花会に属しています。
どちらも同等の治療を提供していますから、既にKM銀座クリニックに通っている人もそうでない人も、KM新宿クリニックで満足できる可能性が高いです。
KM新宿クリニックは主に、顔のしわとたるみや痩身、更にはしみそばかすとニキビ治療に力を入れています。
美容皮膚科というだけあって、まぶたの悩みや目の下のくま治療に、いぼとほくろの治療も提供されます。
加えて、多汗症やワキのニオイ治療もカバーしているの、KM新宿クリニックが提供する治療は実に多岐にわたります。

一方では、頭髪治療と同じく悩みが共通するまつ毛の育毛も提供中です。
頭髪治療は内服薬以外も提供する本格派で、男女共に悩みに応えているのが魅力です。
まつ毛も人によっては本数の少なさや細さが悩みの種ですから、頭髪と同様に育毛剤の提供を行っています。
施設の立地は西武新宿駅の近くで、最寄り駅からは徒歩で1分ほどととても近いです。
JRや地下鉄各線の新宿駅からは徒歩で5分、山手線の新大久保駅からも同じく5分ほどの距離にあります。
中央総武線の大久保駅だと徒歩約6分でやや距離を感じますが、それでも駅から10分以内で歩いて通えるのはメリットです。
最も遠い副都心線の東新宿駅でも、駅からは7分ほど歩けばクリニックに到着です。
診察は営業時間の11時から19時の間ですが、電話受け付けは10時30分からで当日の予約が可能です。
診療は完全予約制ですから、相談したい時は早めに電話で予約を入れることをおすすめします。
電話の受け付けは営業時間と共に終了なので、翌日の予約を入れる予定であれば、もう少し早いタイミングで電話をするのが良いでしょう。
休診日は月曜日と木曜日で、原則的に他の曜日や土日祝日は開いていますが、年末年始はお休みに入るので要注意です。
予約自体はネットからも可能ですから、時間的に間に合わない時はこちらも相談窓口となります。

KM新宿クリニックのAGA治療の種類

KM新宿クリニックのAGA治療は、患者さんの状態や段階に合わせた治療の種類が用意されます。
基本的な治療方針は薬の服用で、AGAに有効とされる内服薬を処方して服用を続けるのがポイントです。
内服薬はAGA治療薬の基本ともいえる、プロペシアが中心に処方されています。
女性には同じく内服薬のパントガールが用意され、こちらも基本的な治療薬として処方が行われます。

KM新宿クリニックは内服薬中心の治療方針ですから、原則的に外用薬はありませんが、希望する場合は相談によって用意してもらえる可能性があります。
ただ、あくまでも担当医の裁量次第なので、治療の種類は用意されているものの中から選ぶのが無難です。
内服薬で発毛や維持の効果が見られない場合は、成長因子を皮下注射するHARG療法が治療の候補にあがります。
HARG療法は内服薬とは違うアプローチを行うもので、体内において吸収され作用を発揮するメカニズムとは異なります。
患部に直接成分を注入する形ですから、よりダイレクトなAGA治療の効果に期待することができます。
KM新宿クリニックのHARG療法は全頭が基本で、3分の1と3分の2の2種類があって、どちらもカクテル注射となっています。
HARG療法は内服薬と競合しませんから、薬の服用中に途中で受けたり、成長因子の注入後に服用を続けるのもありです。
お互いが悪影響を与えないこと、そして異なるメカニズムでそれぞれが良い結果をもたらすと確認されています。
実際にKM新宿クリニックで併用が行えるかは、担当医師の判断次第ですが、患者さんが強く希望を訴え掛けて実現する確率は高いと思われます。
それでもAGA治療の成果が出ない場合は、治療の種類を見直して他の選択肢を検討することになるでしょう。

KM新宿クリニックでは、内服薬もHARG療法も結果が出ないケースを考えて、2種類の植毛を提供しています。
植毛は自毛と人工毛の2種類で、それぞれ自然な仕上がりに期待できる点が魅力的です。
外科的な治療法ですから、選択候補の治療の種類としては下の方ですが、しかし期待の結果が得られない時の有力な候補になるのは確かです。
高額なAGA治療の種類ということもあり、簡単には選ぶことができませんから、最初に内服薬で様子を見るのは合理的です。
植毛の検討は内服薬治療の結果が出てからでも遅くないので、KM新宿クリニックは薬の効果を判断する意味でも、最初に内服薬を処方しています。
明らかに治療の開始が遅過ぎたり、内服薬に期待することが難しい場合は、段階を飛ばして植毛を勧めることもあり得るでしょう。
ただしそういうケースはとても稀ですから、行き成り消耗が勧められることはないと考えるのが妥当です。
つまり、KM新宿クリニックに相談して高額な治療しか選べない、そういった状況が起こることはまずないといえます。
同クリニックが提供するAGA治療の種類は3種類で、それ以外の頭髪治療は用意されていないです。
3種類を多いと見るかどうかは人によりますが、逆に考えるとKM新宿クリニックの自信の高さが感じられます。
個人差が大きい症状の多くをカバーできる、そう言い換えることも可能だと考えられます。
内服薬で男性用と女性用を用意していることから、男女の区別がないHARG療法や各種の植毛も、段階的に男女共に提供される結果に結びつきます。
実際は男女の差というよりも、個人差の方が大きかったり治療効果の出方も違ってきます。
KM新宿クリニックはAGAという症状を大きく捉え、性差ではなく個人差に焦点を合わせ、診察の結果を元に最善と思われる治療の提案を行います。
患者さんの希望が重視されますから、最終的に治療法を選択するのは患者さん本人です。

KM新宿クリニックのAGA治療費用

AGA治療におけるKM新宿クリニックの治療費用は、初診料が2000円で再診料は1000円、注射や点滴のみの患者さんは初診料が500円となります。
20万円前後の全身脱毛や、10万円台や20万円以上が当たり前のしわたるみ治療も並びますが、AGA治療費用はとてもリーズナブルです。
頭髪治療における内服薬の提供だと、プロペシアは1錠あたり300円となっています。
女性用の内服薬パントガールは、箱単位のみの提供で1箱90錠あたり9400円です。
3箱のセットだと27000円ですから、1箱ずつ処方してもらうよりもかなりお得です。
内服薬で効果が見られない時、次の治療法として検討されるHARG療法は、全頭3分の1カクテル注射が80000円です。
これが3分の2となると100000円にアップするので、予算を念頭に先生と相談しながら決めることが大切です。

内服薬やHARG療法で対応できないAGAについては、自毛か人工毛植毛の2択となります。
こちらは一般に治療費用が公開されていないので、カウンセリングを受けて教えてもらう必要があります。
植毛は自由診療に分類されますから、これといった金額は決まっておらず、平均的な相場もあくまで目安に留まります。
植毛による治療費用は、グラフトと呼ばれる移植する株の単価によって大きく左右されます。
基本料金も総額には影響しますが、植毛の場合は自毛人工毛を問わず、このグラフトの単価の方が重要視される傾向です。
KM新宿クリニックはグラフト、つまり株の単価を公開していませんから、総額でいくら治療費用が必要になるかは未知数です。
具体的な金額を知りたい人はカウンセリングを受け、患部の診察を受けておおよその目安を尋ねることになります。
KM新宿クリニックが提供するAGA治療の種類はシンプルなので、料金表も簡潔で比較検討が行いやすいです。
植毛に関する費用が非公開なのは気になりますが、平均的な相場や一般的な金額の幅を理解できれば、大体の金額の見当がつくはずです。
いずれにせよ、正確な金額を把握する為には相談が不可欠ですから、他のAGA治療も兼ねて相談してみるのがおすすめです。
治療を受けるかどうかはカウンセリング後に決めても遅くありませんし、植毛を検討するか否かもじっくりと考慮できます。
KM新宿クリニックは、AGAに関する一連の治療費用を公開しているので、植毛に掛かる費用を除けば事前に金額が判明します。
初診料は2000円で内服薬はプロペシアだと1錠300円ですから、男性のAGA治療だと1ヶ月あたり約11000円の計算です。
2回目以降は再診料が1000円に下がるので、合計10000円の負担で済むことになります。
女性のAGA治療の場合は、内服薬のパントガールが90錠9400円で、成人だと1日に3錠が用量となっています。
つまり1箱が1ヶ月分で、1箱9400円に初診料の2000円を加えると、初回の治療費用が導き出せます。
2回目以降の診療も同様に、1ヶ月あたり約1万円の予算で治療費用がまかなえると分かります。
価格的には少しお高めに感じられますが、例えば女性だと1度に3箱を処方してもらうことで、1ヶ月あたりの負担を減らすことが可能です。

男性の患者さん向けの薬には、数ヶ月単位での処方がないので、女性のように総額を削減するのは難しいです。
ただ、症状によっては1回に1錠を飲む必要がなくなりますから、先生に相談して錠剤を分割したり服用できないか聞いてみるのが1つの手です。
仮にもし分割服用が可能と判断されれば、費用を節約しながら内服薬の服用を続けることができるでしょう。
具体的な月額費用に関しては、患者さんの症状と治療方針で決まりますから、一度相談して確かめてみることが必要です。

KM新宿クリニックの評判、店舗数

評判、店舗数で見てみると、評判はおすすめと評価する口コミが多く、他のクリニックよりも頼れると好評です。
優れた効果を実感している人も少なくないですから、治療を検討したり受けてみる余地が大きくあると見られます。
立地の良さから気軽に通えるとも評判ですし、対応が丁寧で待ち時間も少ないと人気です。
店舗数はKM新宿クリニックとKM銀座クリニックの2店舗で、どちらも同じくらいの評価を得ています。
共にアクセス性は良好ですし、スタッフの質や対応の丁寧さに技術面の信頼性も十分です。
AGA治療においても頼れるクリニックですから、新宿で相談先に悩んだら気軽に相談してみるのが良いです。
初診料は手頃なので、相談してカウンセリングを受けてから治療を決めることができます。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする